子育てはほんとにお金がかかる

我が家には幼稚園に行っている子どもが2人います。
下の子が今年から入園し、数年ぶりに自分ひとりの時間が持てるようになりました。
入園前は「入園したらジムに通おう!」とか、「のんびりショッピングでもしよう!」とか、「たまにはプチ贅沢してランチでも行こう」などと考えていました。

しかし、いざ入園するとそんな余裕はありませんでした。
何に余裕がないかというとそれは金銭的な余裕。
今までは上の子の保育料が約3万円かかっていました。
2人目は兄弟割引があるので約2万。
それでも合わせて5万円。
一般家庭にとって5万というのは結構な大金です。

さらに最近習い事も始めました。
水泳とピアノ、上の子はそれらに加えて新体操も。
習い事の月謝だけで合計27000円もかかっています。
また月謝以外にもいろんな費用がかかってきます。
水着やレオタードなど揃えなければいけないものがたくさんあります。
ピアノは今はまだキーボードで練習していますが、近い将来本物のピアノを買わないといけない日が来るでしょう。
一気に数十万も飛んで行ってしまいます。

子どもを育てるのはほんとにお金がかかると、今まさに実感しているところです。
でも、どれも本人たちが自ら望んだことなんです。
幼稚園はいくつか見学に行った中から、「ここに行きたい!」と言ったのでその園に決めました。
習い事も親の希望ではなく、本人たちが自ら行きたいと言い出したので通わせています。
金銭的な事情で子どもたちのやる気を奪いたくはないので、どうにか切り詰めて費用を捻出しています。

これから大きくなると更にお金がかかってきます。
でもお金のせいで将来やりたいことや、今やりたいということを我慢させたくはありません。
子どもたちには今やりたいこと、今しかできないことをどんどん体験させてあげたいと思っています。
私は今はまだ外に働きに出てはいませんが、子どもたちのためにも早く仕事に出てお金を稼ぎたいと考えています。
私が優雅にジムやランチに通えるのはまだまだ先となってしまいそうです。
レッグミラクルはすごい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です